カテゴリー別アーカイブ: 日記

脂肪注入によって豊胸手術をする時には

どういう人が、脂肪を注入してバストサイズを大きくする手術に適しているのでしょう。皮膚の伸縮性がある人なら、脂肪を注入した時に、期待どおりの豊胸効果が得られるといいます。人間の体は、新たに注入した脂肪をその場所で自分の肉体にするためには、その脂肪に向けて血管を伸ばし、血液からの栄養の搬送ができるようにする必要があります。血管とつながることができなかった脂肪は、体に吸収されて無くなってしまいます。バストの皮膚が硬い人は、注入した脂肪が定着しにくいので、効果を期待することができません。ダイエットや、授乳をしたことがあって、かつてバストサイズが変わったことがあるという人は、皮膚が伸びやすく脂肪が残りやすいといいます。一気に大量の脂肪を注入せず、少しずつ様子を見ながら行ったほうが、効果が高いといいます。効率的な豊胸手術を行うには、たくさんの脂肪を注入するより、定着率のいい注入の仕方を考えたほうがいいようです。豊胸効果が期待どおりに得られるかは、状態のしし脂肪を使えるかも大事です。脂肪吸引で採取した脂肪には麻酔液や血液が付着していたり、破壊された脂肪細胞も混ざっているので、効果にも差が出てしまいます。脂肪の中の不純物をきちんと取り除いた脂肪を注入するか否かは、その後の脂肪の定着率に大きく関わってくるのでとても大切なことです。豊胸手術に脂肪注入を用いるやり方は、クリニックによって違いが出ることが多いので、実績や経験のあるところを探しましょう。